写真展「Taste the World」& トークセッション

世界銀行情報センター(PIC東京)/ Taste the World実行委員会/ 名古屋大学大学院国際開発研究科 共催

2011年6月17日、東京 – Taste the World実行委員会、名古屋大学大学院国際開発研究科、世界銀行情報センター(PIC東京)は、6月6日(月)から6月17日(金)まで、写真展「Taste the World -Beautiful Moments in daily Life-」を、PIC東京にて共同で開催しました。

今回の写真展は、名古屋大学大学院国際開発研究科にて国際開発学を研究してきたメンバー(在学生・修了生)を中心とした実行委員メンバーによる、現地調査の「オフ」な部分にスポットを当てたもの。世界銀行PIC東京センターでは昨年に続く2度目の開催となりました。

写真展最終日の6月17日(金)には、トークセッション「Children’s “Taste the World”」~世界のこどもたちからの「大好き!」が開催されました。
冒頭、世界銀行東京事務所駐日特別代表の谷口和繁が挨拶を述べた後、Taste the World実行委員で司会の高橋麻奈さんより、Taste the Worldの成立ちや活動内容、伝えたいメッセージをご紹介いただきました。その後、Taste the Worldのメンバーが、ネパール、ベトナム、ブラジル、パレスチナ、エジプトで現地調査をした際に発見した世界の子どもたちの大好きなものについて、写真やエピソードを交えてご紹介しました。最後に、東日本大震災により今まで以上に日常生活を送れることへの感謝を日々感じることが多い中で、私たちの大好きなものについて参加者の皆さんと一緒に改めて考え、子どもたちの「大好き!」を守っていける世界をつくるにはどうしたらよいか議論しました。

当日上映したビデオOuterLink

 

関連リンク

Taste the WorldウェブサイトOuterLink 

名古屋大学大学院国際開発研究科ウェブサイトOuterLink 

※2004年より名古屋大学大学院国際開発研究科情報資料室に「世銀情報コーナー」が開設され、世界銀行テレビ会議セミナーの実施、世界銀行が主催する国際会議への大学院生の参加など、様々な連携を進めています。

 



© 2016 The World Bank Group, All Rights Reserved. Legal