世銀スタッフの横顔 児玉 十代子(業務担当官)

Toyoko Kodama

Toyoko Kodama

Profile:兵庫県西宮市出身。神戸女学院大学の英文学科を卒業した後、1995年より2年間カナダのマギル大学にて開発人類学と経済学を学ぶ。この間、夏休みを利用して2週間ほどフィリピンのマニラ市とケソン市のスラム街を訪れる。このときの体験がきっかけとなり、本格的に開発の道を目指すようになる。マギル大学のプログラムを修了した後、大阪府の豊中国際交流協会にて一年間勤務。その後ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の修士課程に進学。発展途上国における社会政策・計画での修士号(MSc. in Social Policy and Planning in Developing Countries)を取得し、主に都市開発問題とプロジェクト形成について学ぶ。修了後、外資系企業にて4年間勤務。そして、旧国際協力銀行(JBIC、現在のJICA)にて1年間ベトナムにてコンサルタントとして円借款の案件監理に従事し、次の2年半は東京にてJBICの専門調査員としてプロジェクト評価に携わる。円借款の評価とオペレーションの実務経験を積んだ後、2007年10月より世界銀行に転職。2年間のコンサルタント(Extended-term Consultant:ETC)を経て現職に至る。東アジア・大洋州地域総局インフラストラクチャーセクターにて都市計画と水分野のプロジェクトに従事。

第17回インタビュー(2010年6月15日)

児玉 十代子(業務担当官)

世界銀行グループ 世界銀行 東アジア・大洋州地域総局 持続可能な開発局 インフラストラクチャーセクター

丁寧で穏やかな女性らしい語り口のなかに、しっかりとした意志が垣間見える児玉さん。豊富な留学体験から、民間企業や他の開発援助機関も経験して、現在のポストにつくまでの道のりなどをたっぷり語っていただいた。

開発の道に進もうと決めた理由

開発に興味を持ったきっかけは、大きく言うと2つあるんです。まず1つ目は、小学校に入ったばかりのときに知った「えんぴつ供養」という運動。主旨は、短くて使えなくなった鉛筆を集めて、それを換金し、ワクチンを購入してバングラデシュに寄付しようというものでした。そもそも「バングラデシュ」という単語を知らなかったので、最初は「それって誰?」と思っていました。でも、両親に聞いて国の名前だとわかり、自分が暮らしている日本よりも、ずっと貧しくて困っている国があることを知りました。「じゃあ、その人たちのために何かしよう。」そう思って、友達や両親、祖父母に頼んで使い古しの鉛筆を一生懸命集めたんです。今思えば、それが開発という仕事に興味を持った原点なのでしょうね。

2つ目は、マギル大学に行っているときに友人と訪れたフィリピンでの体験です。大学では開発人類学を学んでいたんですが、「理論だけではなく、現場で何が起こっているかをこの目で見たい」という思いを実現させるため、夏休みにフィリピン行きを計画しました。2週間ほど滞在したのは、マニラ市とケソン市。知り合いのつてをたどって現地のNGOを紹介していただき、スラム地区の生活環境向上のための活動(コミュニティ・ディベロップメント)を見学させてもらいました。1週間ほどずっとスラム地区のあちこちを歩き回りましたが、本当に色んな意味で目から鱗が落ちましたね。ゴミが浮いているドブ川の水を生活用水に使っていたり、子供たちが靴を履かずに駆け回ったり、スコールが降るとみんながその水で体を洗ったり。家の中をのぞいてみると、かき集めた板で作ったような家なのに、拾ってきたのかどうか、立派なテレビやオーディオがあって驚いたこともありました。2週間滞在した後の率直な感想は、「小額のお金でも色々なことができるんだな」ということ。実際にそのプロジェクトでは電気を通したり、地区内に井戸を掘ったりということをやっていたんですが、結果的にそこで自分でも何かの役に立てるかもと感じたことが、開発の道へと自分を後押ししてくれました。

カナダへの留学、そして第三セクターへの就職

話が少々前後しますが、なぜカナダの大学に行ったのかという話をしておきましょう。最初に進学した日本の大学では英文学を専攻していたので、大学院で開発関係の専攻に進みたいと思ったときに必要となる単位が足りなかったんです。そこで、いい先生がいて大学の質が高く、かつ比較的学費が安いことなどを考えて、カナダの大学に進むことにしました。私が行ったマギル大学のあるモントリオールという街は、カナダの中でもフランス語圏になるケベック州にあります。そのためフランス文化とイギリス文化が混ざり合っていてとても面白い街で、それも魅力の一つでした。アメリカに比べても生活費も安く、治安もいいので、親を説得しやすかったというのもあります。

その後いったん日本に帰って、大阪の豊中国際交流協会というところに就職しました。大阪府豊中市の第三セクターのような位置づけの組織で、地域で暮らす住民へ海外文化の紹介や、在日外国人親子を対象とした日本語教室など、活発に活動している団体なんです。しかし、海外の大学院に行きたいという気持ちを捨て切れず、そこで事業の企画などを担当しながら受験勉強も並行して進めていました。

仲間に恵まれたロンドンでの大学院時代

1年ほど働いた後、ロンドンのロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(London School of Economics and Political Science(LSE))に合格して念願の大学院留学を果たしました。イギリスの大学院を志望した理由は、1年で修士号を修了したかったから。それからこれは後で実感したことですけど、ロンドンはやはり人の行き来がある街なんですね。Toyoko KodamaLSEでは毎週ゲストスピーカーが来て、ノーベル賞を受賞したアマルティア・セン教授や投資家のジョージ・ソロス氏など様々な著名人が講演を聞く機会がありましたが、それもヨーロッパからアメリカへの中継地点にロンドンが位置していることが非常にプラスに働いている例だと感じました。

私のクラスは社会人経験がないと参加できないクラスだったので、年齢層が高くて30代後半や40代の方が普通にいましたし、45人ほどのクラスで出身国が30か国ほどと、国際色も豊かでしたね。みんな大人でそれぞれキャリアを持っているのに、誰が偉いとか上といった感覚はなくて、お互い尊重し合い、それぞれの経験に興味を持って話を聞こうとする姿勢がありました。教授との関係も対等でしたね。クラスではみんなでそれぞれの経験を話し、よく議論をしました。何よりもみんな話すことが好きで、金曜日はよく学校の近くのパブで開発について語っていました。そういうすばらしい仲間に恵まれたので、1年間有意義な学生生活を過ごすことができたと思います。

やりたかった仕事に巡り会った喜び

ロンドンで大学院を卒業した後は日本に戻って就職活動をしました。その結果、民間企業2社と外務省の在外公館での専門調査員に内定を頂いたのですが、公的機関に行くべきか民間機関に行くべきかか迷ってしまって。知り合いの方に相談したところ、民から官には行きやすいけれども官から民には行きにくいこと、若いうちは比較的民間の方が色々な経験をさせてくれる傾向があるということで、民間企業を勧められたんです。Toyoko Kodamaそれである外資系企業に就職して、経理関係のシステムの仕事を担当したんですが、正直最初は辛かったですね。折りしもコンピュータ2000年問題の時で、入社して2ヵ月後にはすでに終電に間に合わないほど残業していて、「あんなに死に物狂いで勉強したのに、なんで今こんな仕事をしてるんだろう」と思ったこともありました。

結局その企業で働き続け、4年が経とうとする頃に、旧国際協力銀行(JBIC、現在のJICA)にいた友人に教えてもらって応募した、ベトナムでのコンサルタント業務に合格したんです。1年間のベトナム時代は、ずっとやりたかった開発関係の仕事に携われていることが嬉しくて嬉しくて。友人からも「水を得た魚だね」と言われました。もちろん、それまでいた民間企業との違いには苦しめられましたが…。例えば、民間企業で最も重視しなければいけないのは「コスト」。でも、開発で重視することは人それぞれ違う。ある人は「環境」と言い、ある人は「経済」、こっちの人は「インフラ」。まったく合意が取れないんです。内部調整にも骨が折れますし、それまで自分が作り上げてきた判断基準を白紙に戻すのに時間がかかりましたね。その後3年間は東京にいたのですが、出張も多かったので現地で世銀職員などと会ったり、意見交換をすることもありました。でもそのときは「ここで働く可能性もある」というふうには考えもしなかったんです。

転職を決めた一通のメール

JBICでの任期が終わる半年ぐらい前に次のステップを考えていて、「次は国際機関に行きたい」と思ったんです。それで国連のJPOを受け、内定をもらえたのはよかったものの、説明会に行ってもいまひとつピンと来ない。私は案件形成や案件監理の業務をやりたかったのですが、説明を聞いていると行きたい部署や、やりたい仕事と違っているのではと疑問を感じたんですね。それで「とにかく選択肢を増やすために、もう一度就職活動をしよう」と決めて、Club JPOのメーリングリストを見ていたら、ふと世界銀行のコンサルタント(Extended-term Consultant:ETC)の募集が目に入ったんです。最初は「ETCって何?」と思っていたのですが、偶然そのときにお仕事をしていたコンサルタントに元世銀職員の方がいて、お話を伺ったところ、「興味があるなら紹介状を書いてあげるよ。」と言って下さって。テストや面接を経て幸運にも合格することができました。周囲のアドバイスもあって、世界銀行への入行を決めたんです。

Toyoko Kodamaもちろん承認の手順など細部の違いはありましたが、プロジェクトの進め方はJBICと似ていて、スムーズに仕事になじむことができましたね。現在は、例えば上海の廃棄物処理や、モンゴルの首都・ウランバートルのゲル地帯に住む人々の生活向上プロジェクトなどを担当しています。もちろん、日々の仕事のなかで煮詰まってしまうこともありますよ。でも、むしろそんな時にこそ国際機関で働いているありがたみを感じますね。周囲の外国人たちはいつでも「そんなことでくよくよするなよ、ハッハッハ」みたいな乗りですから。何なんでしょうねえ、本当に彼らは陽気で冗談好きで。一緒に働いていると、その明るさに救われることも多いですね。

私は、世界銀行が自分のキャリアの終着地点だとは思っていないんです。次の段階に進みたいと思うときが来たら、自然と一歩踏み出す日は来ると考えています。でも、3年目の今でも、やりがいのある仕事を担当させてもらって、これから学びたいこともいっぱいあって。そう思えることが本当に幸せですね。まだまだ当分、世銀での仕事を通して自分の専門性を高めていきたいと思っています。

本当にやりたいことを実現できる場所って?

若い人には、「国際機関に行くのが目標」というのもいいですが、自分が本当にやりたいのは何なのか、そしてそれが実現できるのはどこなのかを、改めて考えて欲しいですね。JICA理事の緒方貞子さんも言っているように、この仕事は情熱だけではできない仕事なので、「自分はこれがしたい」と思えるものがあり、かつそれをこなせる技量を身につけていないと、入ってからが大変ですよ。だから私も勉強を続けていかないといけないと思っています。

また、すぐにあきらめてしまう傾向が若い人には強い気がしますね。任命された業務に関して、ちょっと行き詰ったりわからなくなったりしても「できません」と言わずに、一度死に物狂いでやってみてください。自分自身、過去を振り返るとそうやって無我夢中でやった仕事や勉強から得たものがすごく大きかったと思うから。

インタビュアー:菅 真奈美
写真:高橋 正貴

インタビュー公開:2010年6月15日




Permanent URL for this page: http://go.worldbank.org/R7Y1R8I9J0