【ZHNJメンバー活動紹介vol.5】開発途上国の食べものに関する情報について考える

 
開始::   Apr 10, 2013 18:30
終了::   Apr 10, 2013 20:00

ゼロ・ハンガー・ネットワーク・ジャパン、世界銀行東京事務所共催コーヒーアワー

ジェンダー観点からみた食糧安全保障~南アフリカの農村のケース

6月のTICADに向けてアフリカの農業開発をご紹介します。

アフリカで農村開発の支援をしたい、農業技術の指導を通して農民の生活向上に役立ちたいと願う人は日本にもたくさんいますが、アフリカの食料・農業に関する情報はきわめて限られています。また、アフリカで農村開発の支援などに関わってきた人たちの経験を踏まえた報告を出発点に、質疑・討議を行う機会も限られています。AJF食料安全保障研究会は2001年以来、食料安全保障に関わるさまざまなテーマでセミナーを行い、情報共有、報告・質疑・討議の機会を作ってきました(詳しくはAJFのウェブサイトをご覧下さい)。情報共有の試み、セミナーを企画・実施した経験を紹介し、関心ある方々への参考にしたいと考えます。

ゼロ・ハンガー・ネットワーク・ジャパン(ZHNJ)とは?

世界から飢えと栄養不良をなくし、全ての人々が安全で栄養価に富んだものを十分に食べられるよう、様々な団体が活動しています。このような活動を促進するため、NGOから民間企業、大学・研究機関、国際機関など、多様なステークホルダーが連携するプラットフォームとして、ゼロ・ハンガー・ネットワーク・ジャパン(以下ZHNJ)は立ち上がりました。立ち上げから一年余り、メンバー団体が30を超え拡大し続ける中、これらの団体が世界の食料問題にどのようにアプローチしているのか、PIC東京と共催で発信していきます。

スピーカー

斉藤龍一郎さん斉藤龍一郎さん (特活)アフリカ日本協議会 食料安全保障研究会
2000年より(特活)アフリカ日本協議会事務局長。2005年から食料安全保障研究会を担当。現在、明治学院大学でNGO論を教える。立命館大学生存学創成拠点ウェブサイト内「アフリカの食料・農業問題」の更新作業も担当。


沖小百合さん沖小百合さん (特活)アフリカ日本協議会 食料安全保障研究会
東京農業大学大学院博士前期課程在学。2011年度にAJFインターンとして食料安全保障研究会公開セミナーを2回企画・実施したことがきっかけで、南アフリカの農村調査を行い卒業論文を書いた。南アなど諸外国を訪問したことをきっかけに自国について知らないことに気付き、日本の農村の原風景といわれる、石川県奥能登地域における農村のくらしをテーマに研究を行っている。


日時

2013年4月10日(水)午後6時30分~午後8時

場所

世界銀行情報センター
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル1階(ロビー) 
地下鉄三田線内幸町駅直結、日比谷線・千代田線・丸の内線霞ヶ関駅C3出口

お問合せ

世界銀行東京事務所
E-mail: ptokyo@worldbank.org 
TEL: 03-3597-6650

お申し込み

以下お申込みフォームよりご登録ください。参加費は無料、使用言語は日本語です。

 


関連リンク

(特活)アフリカ日本協議会 食料安全保障研究会
1993年10月、東京で開かれたアフリカ開発会議に人々の声を届けようと開かれた「アフリカシンポジウム」実行委員会の有志が1994年3月に設立。アフリカの人々自身の取り組みや声を紹介すること、アフリカに関わる人々・団体の交流をはかること、アフリカにおける取り組みを参照しながら日本での暮らしのあり方、政策のあり方を考え直し問題提起していくことをミッションに掲げる。2001年以降、アフリカが直面する重大課題であるHIV/AIDS問題と食料安全保障に関わるセミナー開催、アドボカシー活動を中心に活動を展開している。

ゼロ・ハンガー・ネットワーク・ジャパン 
世界の食料安全保障や飢餓削減、および栄養改善に関する活動を行なう関係者間の連携を強化することにより、相乗効果の発現を図ることを目的に、2011年に設立されたネットワーク。NGOや民間企業、大学・研究機関、国際機関など35の団体が参加(2012年12月現在)。事務局は国連食糧農業機関(FAO)日本事務所に設置。

 



© 2016 The World Bank Group, All Rights Reserved. Legal